読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初期不良

なんのことはありません。初めからダメだったんです。

やっぱこういうのは実際見て買うべきだな。

「4/4に届ける」と言っていた商品が3/27に来た。
こんなにズレると「仕事が早い」と言うより
「最初の4/4っていうのが適当だったんじゃ…?」という印象のほうが強くなる。

つーわけで来ましたケース。

えっと失敗しました。

前のケースXperia NX SO-02D ケース C819SO02D エクスペリア カバー ハード ラバー ブラックの不満点*1はそのままに、
カッコ悪さまで加わって装いも新たに新登場。

Amazonの「内容紹介」で色々書いてありますが、

ドットサイズを放射状に大きくし、美しいフォルムを強調

→注意してみなければ気付かない。気づいた所で美しいとも思えない。*2

”フローティングプリズム”がケースをつけたままでもクリアに見えるよう、バーの部分はフラット

→確かにその通りだが、元々の光が弱いので、この程度の透明度のケースでもかなり目立たなくなる。相当暗い所でやっと分かるレベル。

その光がドットに映りこむことで、輝きを増す仕組み

→こんな弱い光がドットに映り込むわけがない。


白ならあるいは合ったのかも知れない。
でもこのシリーズのカラバリMSY GRAPHT Polyvalent Series ウェブケース Ice Ver. for Xperia NX Clear/クリア EPA07-002CLMSY GRAPHT Polyvalent Series ウェブケース Ice Ver. for Xperia NX Blue/ブルー EPA07-002BLMSY GRAPHT Polyvalent Series ウェブケース Ice Ver. for Xperia NX Pink/ピンク EPA07-002PIMSY GRAPHT Polyvalent Series ウェブケース Ice Ver. for Xperia NX Smoke Black/スモークブラック EPA07-002BKの中じゃ一番(と言うか唯一)黒に合いそうだったんだがなぁ。
思ってたのよりも透明度が半端に高かった*3。お陰で安っぽさ大爆発。



今俺が追い求めてやまないケースの条件は

  • かっこいい
    • シンプルなのは大好きだけど、なんの変哲もないのは☓。プリントものも基本は☓。
      今回の本体色だとクリア系も相性よくないみたい。
  • 持ちやすい
    • 多少スティッキーなくらいのがいい。元がデカくてお世辞にも持ちやすいとは言えない形状なので。
  • サイドボタンが押しやすい
    • 元の本体の作りのせいで、ケースの厚みが相当薄くないと押しにくくなる。もしくはボタン周辺をすり鉢状に傾斜させてる必要がある。
  • できれば)フローティングプリズム部分は後ろからでも見える
    • 見えてもメリットは一切ないけど、せっかくだから俺はこの(ry
  • (許されるものなら)汚れが目立たない
    • 白とか目立つね。

逆にどうでもいい条件は

  • 耐久性、対ショック性
    • 本体に簡単にキズがつかないようになれば取り敢えずOK。
  • 値段
    • そうそう替えるもんでもないし。



コレ↓がもう少し薄手で、かつもう一捻り加わってればよかったのかも。


ま、いずれにしても今度は店に行って見て買います。



*1:(滑りやすくて)持ちにくい、サイドのボタンが押しにくい

*2:そもそもこの「ドット」ってやつが、ケースを貫通していないディンプルみたいな円筒形の穴で、ホールド性を高めもしなければかっこ良くもないという代物

*3:レゴの透明パーツくらい

やっべー03と04も欲しくなってきた。と言うか時間の問題だなこりゃ。

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 02 REM@STER-B

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 02 REM@STER-B

Before

ええ、今回はアレンジどうこうより、「このアイドルがこの歌をソロで歌うとどうなるのか」に惹かれて買ったわけですね。

After

歌詞カードの入れ方が意外だった。(通常と縦横が逆)
ジャケのポニテ千早!
アレンジ説明はAmazonのレビュー様へ。*2

『開演のあいさつ』(小鳥、伊織)

いきなり酷いじゃねぇかww
01の終わりのノリ引っ張ってんじゃねぇかww
またかwまた政治が悪いのかwww

『私はアイドル』(千早、小鳥、雪歩)

なんか『Kill Bill』のテーマ曲を想起させると言ったらアレだろうか。
通常のに比べて楽器の音が大きくなってて、良くも悪くも既存の『アイマス』の曲っぽくない。
しかしアレだな、歌詞の内容とアレンジと、なるべくギャップを出そうと。そういう魂胆なんだろうか。
個人的には原曲の「無理でもなんでもポジティブなベクトルにしちゃおう!」的なノリが好きだが。

『First Stage』(真)

かっこいい!
女の子女の子してる歌詞とはやはり真逆な曲調。
コレなら男が歌っててもいいかも。いや真がどうこうじゃなくってね?

『太陽のジェラシー』(律子)

ゆったりのんびり。
同じ夏でも「アツい夏!」というより「お気楽極楽南国の夏」という感じ。
恋に対しても一切がんばってなさそうww

『蒼い鳥』(雪歩)

ブレスすごいっす。当然不快なんかじゃないぜ?
声があまり大きくなくてマイクの近くで歌ってるのかなぁ?
これも悲壮感というより「ちょっと厳しい状況だけどそれなりがんばってます」的に聴こえる。
うーん、俺の今のところのNo.1『蒼い鳥』はTHE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 02の「TV ARRANGE」だな。

エージェント夜を往く』(千早)

なんだろう、結構面白い(FunじゃなくInterestの方)感じ。
曲調はゆったりしてるんだけど裏側に強い感情を感じると言うか。
まあ、「フラメンコ調」と言われれば確かにそのまんまなんだろうけど、普段そんな系の聴かないしさ。
同じヨーロッパだからかもだけど、ストリングスの感じがイタリアっぽさ、というか御伽の月の綺想曲(カプリチオ) 月光のカルネヴァーレ オリジナルサウンドトラック思い出した。
どこか懐かしさを呼び起こすような…いい感じです。

『My Best Friend』(伊織)

ちょっと8bitアレンジ+少し前の「萌え」の合いの手。
「アキバ系POP」とは上手く言ったもんだ。
だとしても「キュン♪キュキュン♪フゥー♪」ってw
ナニかがPPPH以上w

『まっすぐ』(小鳥)

「オーケストラ風」とは言うがフルオーケストラではなく、ちょっとこじんまり。
どうせなら↓くらいやってくれたまえよ。

*3
比較対象が反則気味ですかそうですか。
え?気味じゃなく反則ですかですよねー。

『THE IDOLM@STER』(伊織、真、律子)

こちらもゆったり調。
どのバージョンもいいはいいけど、『アイマス2』のアレンジが一番好きかなぁ。
まあ振り付きだわEDで使われて思い入れたっぷりだわでちっとも公平じゃないんだけど。

『It’s Show』(千早、伊織、律子、真、雪歩、小鳥)

(当時)新曲なのでノーマル。
リズムとかメロディ*4とかみんなの歌い方*5とかメインボーカルの裏で歌うラップっぽいのとか歌詞の内容とか。
楽しくて嬉しくてもうね。

『ボーナス・トラック・トーク』(千早、伊織、律子、真、雪歩、小鳥)

14分02秒wwやっぱ伸びてるwwwww
「同じオチ」ってwwwメタんなwww小鳥がジョー。みんなとの疲労度の違いは現役と元の差か。あるいはねんr(ryって律子!伏せてすらいねぇ!「打撲」…字ならともかく話してては間違えねぇよwww千早ww真ww勘がいいなwwwwww雪歩wwww泣きすぎwwwwwww対雪歩決戦台詞wwwwwww「奥のスコップ」ってwwなwwwにwwww小川さんwwww一気に有名人wwwwww「みんなのハートにドリルしちゃうぞ」ってwwwwwアリなんすかwwwつかドリルってサ変動詞なのwwwww伊織wwwツヨスwwwwww千早www声震えてるwwwwwwwww真wwwwwwwwwやwwwっwwwwwぱwwwwwりwwwwww小鳥さん年齢暴露キャンセルパネェwwwwwwwwwwwオwwwwチwwwwwwマコラッシュってなんねwwwwwwwみんな転がってるってwwwwwwどんな画だよwwwwwとんでもなく見てぇじゃねぇかよwwwwwwwつうか「奥のスコップ」があるってことは「奥じゃないスコップ」があるのはもう自明なのかよwwwww

*1:例によって「REM@STER-B」は省略

*2:「カスタマーレビューを見る」を押さないと出てないけど

*3:ニコニコアカウント持ってるなら→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm10379943。鳥肌がたって涙が出て少し放心する程度の動画です

*4:もうイントロから

*5:千早の「あの鳥のように」とか雪歩と伊織の「It's Show Time」とか真の「この地球のように」とか

公式がとても酷かった。つまり世界はこんなにも素晴らしい。

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 01 REM@STER-A

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 01 REM@STER-A

Before

なによりも『おはよう!!朝ご飯(REM@STER-A)』*1
この一曲のためだけに買ったといっても過言ではない!
他も程々には期待していますが。

After

ジャケのやよい、あずささん、美希が普段と違う髪型してる。
あと…「本体がいない」とかは言わないけど…リボンがないとホントに特徴が…春香ェ…。
ここまでやったんなら亜美真美も変えてやれよ。
アレンジの内容だとかはAmazonのレビュー見てください。

『開演のあいさつ』(小鳥)

汚れを隠し切った音無さん。
あと今更真美程度でうろたえるなお前ら!
とは言えそこぶっちゃけていいものなのかピヨちゃん?

『GO MY WAY!!』(美希、あずさ、亜美)

音としては変わってますが、曲の方向性はだいたい一緒。
要はアレンジ弱め。
ある種意外なこの3人の組み合わせですが、心配とか全く不要。大安定。

『ポジティブ!』(あずさ)

お祭りVer.。
合いの手やセリフ部分も全部お祭り的。
艶があるのにさわやか。
あとラスト近くの合いの手はやたらかわいいw
歌詞の内容から考えると祭り囃子と全然合わないのになんでこんなアレンジやろうと思ったんだろう。
結果は成功ですが、冒険したもんだ。

『relations』(春香)

だから歌詞と曲調がw
切なくも苦しくも聴こえねぇよww「うぅ!」じゃねぇよwww三角関係謳歌してんじゃねぇかwwww
Liveっていう体だと言うけど、コレ観客( ゚д゚)ってなってんじゃね?
いや、面白いけどさw

『魔法をかけて!』(やよい)

やよいが歌うと全く歌詞の意味合いが変わるんだな。
普通に夢を見てる子供じゃないかw
後「Can you hear me」もやよいかよw英語に聴こえねぇw
曲としてもより楽しく賑やかな方向に行ってるなぁ。

『おはよう!!朝ご飯』(真美)

キタ!!
企画した奴頭のネジ外れまくってるとしか思えねぇ!!(褒め言葉)
真美もなんなのwww
ゲストヴォーカルさんもなに参加しちゃってんすかwww
もう最高w

『Here we go!!』(美希)

ゥゥウィィスパァァア!
ライブなんだよね?ねえライブなんだよね?
ま、でもある意味元の曲調と大きく変わってはいない。

『9:02pm』(亜美)

だから内容と曲調www
ほんっと演歌好きなんねw
コレはこぶちじゃなくてこぶしが利いてる。
大真面目に演歌を歌い上げてる。

『思い出をありがとう』(真美、春香、やよい)

ちょっと聴いただけで「うわ!コレ好き!」って思えた。
原曲も激しくいいんだけど、コレもいいな。
「前向きな後悔」をより強調してる感じ。
歌い手もこの3人でこそ!って感じ。

『いっしょ』(春香、やよい、美希、あずさ、亜美、真美)

この当時は新曲なので、アレンジなしのノーマルVer.
でもやっぱイイね。
残念ながら『It's Show』の方が大好き過ぎてしまうのだけれども。

『ボーナス・トラック・トーク』

楽しすぎる12分22秒wwww

みんななんか色々酷いよ、酷すぎるよwww

音無さん、アナタある意味確かに謎ッスww亜美www「このムネは一生亜美の貸し切り」ってwwwwそれは一生彼氏が出来ないという意味かwwwww真美www「これが亜真美にもあればなぁ」ってwwwwwやよいww美希に「無理して考えるな」ってwwww特別P、ああ、L4Uのライブという設定なのか。「はるるんのおてごろサイズ」ってwwww春香wwwそれステマやwwwwやよいwwwwそこアピらんでいいからwwwwセクシー段位制度wwwwww双海ダイナミックサラウンドシステムwwwwwセクシー「あふぅ」ってwwwwwwあずささんそれR18やww「πタッチ」が公式用語だったwwwww壊れたやよいかわいいよ壊れたやよいwそうかwこれも政治の腐敗の所為かwwww

*1:「(REM@STER-A)」の表記は以降省略

あくまで現時点の評価としては…75点…かな。

THE IDOLM@STER RADIO 歌道場

THE IDOLM@STER RADIO 歌道場

Before

  • 『ドリルでルンルン クルルンルン』
  • 『夢見る少女じゃいられない』(やよい
  • 翼をください

に特に惹かれてポチリ。

After

…アレ?2枚組か3枚組だと思ってたのに1枚?それで35トラック?
そっか…フルバージョンじゃないのか…(´・ω・`)
アレレ、歌詞カードが別紙になってて歌詞カード自体はなぜか写真集みたいになってる…*1
歌手名書いてない場合、たかはしさんと今井さんのデュオなんだな。
他のCDで、「ラジオ放送時の音をCDにした」ってパターンがあったようだけど、このCDはちゃんとレコーディングしてるみたいだな。
ちょっと危惧してたからそれはよかった。



注意点と言うかまとめと言うか。

  • 楽曲は『僕はあなたに恋する』以外全部ショートバージョン*2
  • (多分)ラジオ音源ではなく、スタジオ収録はしている。
  • 歌は基本的にアレンジはない。
  • あずさ、千早としてではなく、たかはし智秋今井麻美として歌っているものがほとんど。
  • トークはメイン2人のみ。アイマス的寸劇も一切なし。*3
  • 2人のファンならともかく、単にアイマスファンというなら、マストバイとは思わない。

な感じです。


『おしゃべり其の壱』

いきなり悪ノリっすかww

『ドリルでルンルン クルルンルン』

うん、キレイなハモリにノれる感じw
少し期待してたんだけど雪歩はないか…。

『ブルーウォーター』、『デリケートに好きして』、『春一番』

アレンジは特にない様子。普通のと印象としては大差なし。
まあリアルVo.特化2人のデュエットなんだから、普通に歌ってるだけで素晴らしいんだけどね!

『Over Drive』

声質の違いからか、ジュディマリとかなり違う印象。原曲もイイがこちらも(・∀・)イイ!!

『暁の車』

原曲聴いたことなかったけどガン種の歌っすか。
関係ないけどゼノギアス好きの俺としてはなんかメルカバを思い浮かべてしまう。

崖の上のポニョ

こういう歌はやっぱたかはしさんの方が向いてる気がする。
ポニョ視点なのにポニョへの慈しみが感じられるような。

『KI-ZU-NA 〜 遙かなる者へ』

アニソンっすか。初めて聞きました。今のところ特に印象もないなぁ。

『お喋り其の弐』

いいぞもっとやれ。

天城越え』(たかはし智秋

曲紹介wwwww
普通にめっちゃ巧い演歌歌手やんw
あずささんとして歌ったバージョンも聴いてみたかった。

『真実の詩』(今井麻美

Do as Infinityっすか。意外。原曲聴いたことないので…。

『ねえ!ムーミン』(仁後真耶子

替え歌やんか!!www

ベルサイユのばら 〜薔薇は美しく散る〜』(平田宏美今井麻美たかはし智秋

平田さんオスカルですねわかります。
コーラスの2人とも存在感出しすぎwww

『Believe』(長谷川明子

むむむ、結構好きかも。美希な感じによく合う。
でも原曲知らんなぁ。またガン種すか…。アイマスファンとガン種ファンは被るものなんでしょうか…。
ま、バンナムつながりが一番の理由だと思うけど。

『ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜』(沼倉愛美)

F91』映画館行きましたなぁ。そこまでガンダムファンでもなかったのになんで行ったのか覚えてないけど。
邪なる俺は思う。ココこそあずs(ry

『DESTINY』(原由実

この流れでいきなりマイラバ?いや悪くないけど。
かっこいい銀色の女王やかわいいお姫ちんじゃない、ある意味普通の歌手ですね。

『夢芝居』(下田麻美(つーか亜美真美))

おwいw曲w紹w介wwwwwww
自重してねぇ!する気が全くねぇ!
どんどんやってくれたまえ!

『夢見る少女じゃいられない』(仁後真耶子

「あぅ!」
完全にやよいでしたw
期待通りの、期待以上の心地良い違和感w

『守ってあげたい』(原由実今井麻美たかはし智秋

普通にうまい。普通に感動。ただ歌姫2人に挟まれるといくら原さんでも分が悪いか。

『丸の内サディスティック』(若林直美今井麻美たかはし智秋

巻き舌りっちゃんw
う〜ん、歌の難度に比して歌いこみが足りなかったのではないでしょうか…。

『そばにいるね』(たかはし智秋

やっぱ「ワシは」だなw
えっと、あなたの持ち歌ですか?ですね?
これはあずささんでは歌えないだろうなぁ。ほんといろんな声出せるんやなあ。

『空の欠片』(今井麻美

電脳コイル』EDですか。初めてなので印象はやはり、あまり。
歌詞はいいし聴き込んだらグッと印象が変わる事間違いないな。

『お喋り其の参』

もう好きにしてw

ミラクル・ガール』、『UFO』

現時点の印象としては、まあ、普通、ですね。

翼をください

是非Fullでください。
つか『アイマス』本編に入れてもいいんじゃないでしょうか。
千早とか真とか春香とか亜美真美とかのソロで聴いてみたいじゃない。是非。

『寂しい熱帯魚』

Winkてw
なんか振り付きで歌ってそうw

『果てなく続くストーリー』

MISIAか。
MISIAだったら『Everything』をそれぞれのソロで聴いてみたかったかも。

『異邦人』

ここにきてあずちはww
そして迷子wwwww
明らかにボソンジャンプですw本当にありがとうございましたwww
笑い事じゃないですあずささんwww

『恋花火』

みんなのうた』モノなんですか。へぇ〜。
Fullで聴いたらもっと印象良くなりそうな歌だなぁ。

『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』

多分声のためだと思うけど、原曲より優しい感じ。

『もらい泣き』

歌姫2人が歌い甲斐のある歌を与えられて張り切りましたって感じ。
もちろんアリですよ!

『お喋り其の四』

楽しかったです。
あといくらなんでも嗅がないっすよw
紙の匂いじゃなくて、インクの匂いしかしませんでしたし。

『僕はあなたに恋する』

唯一のFull楽曲。
765アイドルとして歌ってる訳ではないんですね。
思いっきり爽やかなスカイブルーな感じの歌です。

*1:コウイウノベツニモトメテn(ry

*2:歌詞カードもショートバージョン

*3:『異邦人』ではありましたがww

いやあゲージュツサクヒンは無学の徒にはとんとわかりませんなあ。

バンダイチャンネル視聴。
今日は『アヴァロン』。



感想は次の一言にまとめられる。





「で?って言う」


デジタル処理…2001年当時は素晴らしかったんだろうか…。


映像…美しい…と敢えて言うほどでも。


音楽…良くも悪くも印象にはあまり残っていない。*1


ストーリー…………え?



バンダイチャンネルの「ここがみどころ」によると

みどころは、デジタル処理でモノトーン風に変換した仮想世界の表現。

うん、モノトーンだったね。うん。
えーとね、そもそも映画というのはカラーになる前に白黒映画というものがあってだな。
白黒が珍しくもないのはもちろん、敢えてモノトーン(「風」含め)にするのもよくある方法でだな。

孤高の女戦士アッシュの美しさも、顔のディテールを消すことで実現している。

個人的な好みもあろうが…デジタル処理でデフォルメするならもっと思い切ってすりゃよかったのに。
少なくとも(元の顔を知らない)俺にはどこのディティールが消されたのか分からん。

CGと実景を巧みに合成して架空の風景を現出させ、戦闘ヘリや巨大戦車など戦闘シーンも現用兵器とCGを巧みに混在させることで、押井監督のミリタリー描写へのこだわりが貫かれている。

…自己満…だよね、それって。
ミリオタに対してならあるいはいいのかもしれんが。
でもそれっていい映画につながるの?

最大の驚きは、アッシュがクラスSAというステージに移行する瞬間の謎解き。

ナ ナンダッテー!! Ω
あんな大したことないように見えるシーンに謎解きがあったなんて!
全く気づきもしなかったぜ!つか何が謎なのかもわからないぜ!
「現実と虚構」の表現のことを言ってるんなら、2001年当時だって結構ありふれた表現だったと思うけど、まさかそんなことは無いはずだぜ!

これはテーマと方法論が一体になった次世代の映画なのだ【アニメ評論家 氷川竜介】

言い換えると「やりたい映像表現方法があったからテーマは特に無いけどやってみた実験映画」でFA?

*1:ラスト辺りのソプラノ?歌手の口と声がズレてるように見えたのは印象的だったけど

Amazonの嘘つき!

23日に届くって言ってたのに!
22日の内に届いていたじゃないかッ!!

でも今から聴いたりiTunesに突っ込んだりしてたら完徹確定だし涙を飲んで寝るしか無い…!
くっそう、Amazonめぇぇええ!




ありがとう!*1

流石Googleに舐めるように撮影されまくっただけはあるな!

*1:聴けなくても早めに届いたことが嬉しいぜ!

主目的の値段における構成比率14%。俺の意志の強さが垣間見えるな。

今のケータイケース、ちょっと持ちにくい&サイドボタンが若干押しにくい。
多分コレ↓。


ので、
新しいケースを買おうと探してました。
で、見つけたのでポチったのですが。






おや、なぜかカートに7件の商品が。

THE IDOLM@STER RADIO 歌道場

THE IDOLM@STER RADIO 歌道場


THE IDOLM@STER MASTER LIVE 01 REM@STER-A

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 01 REM@STER-A


THE IDOLM@STER MASTER LIVE 02 REM@STER-B

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 02 REM@STER-B


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 03 星井美希

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 03 星井美希


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08 双海真美

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08 双海真美


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 09 萩原雪歩

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 09 萩原雪歩


↓目的のもの。*1




俺は深く考えるのをやめた…


いや、元々全然考えてないなw

*1:商品微妙に間違えてたので修正。ポチった商品がそもそも間違えてた。